北九州市小倉北区でのC型肝炎、肝臓癌、肝炎、肝硬変などの治療は医療法人さがら内科クリニックへ。

ブログBlog

2018.06.15
〜・〜糖尿病領域WEB講演会〜・〜

昨日の6/14ホテルニュータガワで糖尿病領域WEB講演会が開催されました。

今回は今糖尿病学会等でも注目されてる『番度チャート』で有名な福井県済生会病院内科部長の番度行弘先生のご講演でした。

番度チャートとは番度先生の糖尿病専門医としての長い治療経験に基づき、今糖尿病治療で最も頻用されているDPP-4阻害薬に、経口血糖降下薬では一番新しい新薬のSGLT2阻害薬、そして最近再注目されてる経口血糖降下剤でビグアナイド系薬剤であるメトホルミン等々のそれぞれの薬剤特性を鑑み、患者さんお体重に着目して考案された治療アナログを構築したのが番度チャートです。

非常にクリアカットな理解のしやすい、また患者さんへも優しい、実地医家に即したもので、私も少しずつ実践させていただいてますが、今回の先生のお話で更に納得といった次第です。

また患者さんのライフスタイルに合った処方の仕方として“二点配置法”と“一極集中法”というご紹介がありました。

私も平素よりただ薬を杓子定規に処方するのではなく、例えば一日一回の処方であればその患者さんが一日の内朝昼晩といつが食事量多く摂ってるかなど確認した上で、処方したり致します。

今回私の処方の裏付けにもなったような気が致します。

これからも患者さんへの有益な治療として、導入していきたいと思います。

   

2018.06.14
〜・〜北九州ブロック肺がん検診読影従事者講習会〜・〜

昨日第3回北部九州肺縦隔研究会及び北九州ブロック肺がん検診読影従事者講習会が開催されました。

今回のスキルアップの講演は

講演1では金沢医科大学呼吸器外科の浦本秀隆教授の『近年のTreatment modalityの進歩』という演題で、近年の肺がん外科治療の変遷などから現在では胸腔鏡はじめ低侵襲な縮小術が拡がり患者さんへの術後のADL向上や術後疼痛などがかなり軽減されてきており、また、がんの遺伝子検査などもすすみ、がん生存率も上がってきてるということでした。

また、

講演2では鹿児島大学大学院呼吸器内科の井上博雅教授より『閉塞性肺疾患(COPD)治療に関する最近の話題』ということでご講演いただき、近年のCOPD治療薬の進歩でかなり治療管理も向上してきてる、特に長時間作用性抗コリン薬(LAMA)、長時間作用性β2刺激配合剤(LABA)の治療法や、気管支喘息のときに用いられる吸入ステロイド(ICS)に加え、吸入ステロイドと長時間作用性β2刺激薬配合剤との合剤ICS/LABA等々の治療法等々のご講演で、実地医家にとって非常に参考になるお話でした。

御二方の先生方のご講演非常に勉強になり、クリニックの患者さんへの今後の治療に非常に寄与するものとなりました。

ありがとうございました。

 

2018.05.30
〜・〜・📓糖尿病 WEB Symposium📓・〜・〜
昨日の5月29日小倉北区堺町にあるパークサイドビルで糖尿病WEBシンポジウムが開催されました。
テーマはPRIME-V studyというもので、このstudyは糖尿病治療薬である経口血糖降下剤で近年first choiceで用いられることの多いDPP-4阻害剤に、これに加えて今糖尿病治療薬としてのベストな組み合わせといわれてるSGLT-2阻害剤とメトホルミnという治療薬のそれぞれの併用で、内蔵脂肪に及ぼす併用効果が如何な結果となるかというtrial studyです。
結果はそれぞれの薬剤の特徴がよく反映された結果となっており、やはりSGLT-2阻害剤は体重や脂質系に関してはメトホルミンに比し優位な差を持っての結果となり、糖尿病のHb−A1c等の優位な改善効果はメトホルミンが優位であったり等の結果となっってます。
このことは糖尿病患者さんの治療方針として、まず体重など優先的に改善が必要な患者さんへはSGLT-2阻害剤の併用、血糖コントロール優先での治療ではメトホルミンとの併用など、患者さんの病態に合わせた治療が推奨されるという結果だと思いますし、私の糖尿病患者さんへの治療アプローチの裏付けにもなった感がありました。
今後も患者さんへの最良治療目指し、日々研鑽していきたいと思った次第です。
 
2018.05.18
❗❗❗〜・糖尿病勉強会・〜❗❗❗

ここ最近糖尿病の勉強会にいくつか参加させていただきました。
糖尿病の治療目標もここ数年で大きく様変わりしてきてます。
これはウイルス性肝炎治療の様変わりと似た感もあると思います。
私のクリニックも糖尿病患者さんが、近年増加傾向にあるのは確かです。
で、最近感じることは、色々な学会、講演会、研究会など参加し、糖尿病になったら以前までは「眼は見えなくなる」、「足は腐る」、「透析になる」などはいわれてましたぎ、最近では心血管障害や脳卒中のリスク、まだ他には認知症やガンのリスクなどなど、糖尿病は様々なリスクの諸悪の根源と個人的には考えてます。
今後クリニックで患者さんのより良い治療を施すのはこういった勉強会は大事だと思います。
以前の考え、今の考え、そして以前の治療の良さを見直し、更に今の考えと良いところを癒合させてというように、今後の高齢化社会に対応出来るよう、ガイドラインの微調整もおこなわれいます。
クリニックでも、患者さんの個別の環境鑑みて、処方の工夫などさせていただいてますが、それだけの糖尿病治療のバラエティさも近年あると思うので、クリニックのみならず、ご家族の協力はもちろん、ケアマネジャーや、訪問看護師、近隣の方々など皆と協力出来る環境を少しでも構築出来るよう、患者さんへは各々に最良の医療提供をしていきたいと考えます‼️

   

2018.05.03
🎌ゴールデンウィークの日程🎌(再掲)

ゴールデンウィークの日程をお知らせ致します。           2018.04.06 医療法人さがら内科クリニック 院長

診療体制:平成30428日土曜日〜平成3057日月曜日(GW期間

  MON TUE WED THU FRI SAT SUN
            4月28日 4月29日
AM(9:00〜13:00)            通常診療   休 診
PM(15:00〜18:30)               休 診
               
  4月30日 5月1日 5月2日 5月3日 5月4日 5月5日 5月6日
AM(9:00〜13:00)   休 診  通常診療  通常診療   休 診   休 診   休 診   休 診
PM(15:00〜18:30)   休 診  通常診療  通常診療     休 診     休 診
               
  5月7日            
AM(9:00〜13:00)  通常診療 ⇒⇒⇒⇒⇒          
PM(15:00〜18:30)  通常診療 ⇒⇒⇒⇒⇒          

以上、基本カレンダー通りとなってますが、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

インターネット受付可能

アミノ酸解析サービス

院長ブログ