北九州市小倉北区でのC型肝炎、肝臓癌、肝炎、肝硬変などの治療は医療法人さがら内科クリニックへ。

自由診療Free practice

前のページに戻る

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴とは?
超高濃度ビタミンと申しましても、ここではビタミンCのことを云います。ではなぜビタミンCで、尚且つ何が超高濃度なのか、なぜ点滴療法なのかを説明させて頂きます。

通常の経口から摂取するビタミンCはせいぜい多くても100mg/dayです。
厚労省が推奨する100mg/dayをレモン換算すると1個のレモンにビタミンCは20mg程度です。ですから、ビタミンC100mg/day=レモン5個分ということになります。 この超高濃度ビタミンとはビタミンCを25~100gの投与となります。 仮に50g投与するとしてレモン1個分の果汁に含まれるビタミンCの量に換算すると、なんとレモン2500個分に相当します。 この超大量のビタミンCを経静脈的に投与すると、ビタミンCの血中濃度が高くなる、これがこの療法のポイントです。
経口からではこれだけのビタミンCを摂取することは困難です。

1日に必要なビタミンCの摂取量 単位:mg
年齢 18〜49才 50才以上
男性 推定平均必要量 85
推奨量 100
女性 推定平均必要量 85 妊婦95、授乳婦125 85
推奨量 100 妊婦110、授乳婦150 100

*厚生労働省 日本人の食事摂取基準より
*1mg(ミリグラム)は1gの千分の一で、1g=1000mgです。

これだけの超大量ビタミンCを点滴投与すると、ビタミンCは栄養素としての働きとはまったく別の作用を発揮します。ビタミンCは別名「抗酸化ビタミン」とも云われています。
超大量のビタミンCが静脈に入るとビタミンCが化学反応を起こし、その過程で過酸化水素が発生します。この過酸化水素は活性酸素の一種で酸化力があり、体には毒です。が、これは体内の正常細胞とではカタラーゼ反応を起こし、過酸化水素は無毒化されますが、ガン細胞などにはビタミンCの構造がブドウ糖と似ているため、ガン細胞自身が過酸化水素を取り込むことによって、ガン細胞の死滅化を引き起こします。
いわゆるこれがビタミンCのもつ「抗ガン作用」というもので、この作用が発揮される指摘血中濃度が350~450mgです。通常経口時での血中濃度が1~2mgくらいなので、この意味でも超高濃度といえます。

ビタミンCの二面性 よくガン患者さんでこのビタミン療法を受けられていて、食欲の回復や倦怠感・疲労感の消失、脱毛の軽減等々が良くみられることがあります。
これはビタミンCの低濃度(それでも経口に比し高濃度なのですが)でよく起こります。ビタミンCはその抗酸化作用から美容効果や免疫能増強、コラーゲンの生成を促進し血管壁を強くしたりとあります。
正常な体内では0.6~1.7mg/dlくらいの血中濃度とされていますが、これを多めに摂取することにより抗ウイルス作用、ヒスタミン分解があり、更に多く摂取することで抗ガン作用が発揮されると謂われています。

期待される効能効果

  • ・ガンの予防効果    ➡ このことは今までも述べてきました。
  • ・アンチエイジング   ➡ 肌のしっとり感が増したり、しわの軽減、くすみの軽快等々の美肌効果、また頭髪の増毛・キューティクルの増加などがあります。
  • ・精神疾患       ➡ ビタミン療法で、抗うつ剤が不用となった、などの報告症例あり。アメリカなどでは以前よりうつ病や統合失調症などの精神疾患に有効とされているところもある。
  • ・アレルギー疾患    ➡ 花粉症やアトピー性皮膚炎の軽快、消失症例もあり。
  • ・風邪         ➡ ビタミン療法で、風邪知らずという、ガン患者さんも多くおられます。
  • ・ウイルス       ➡ インフルエンザにかからないなどは良く散見報告があります。現在、肝炎ウイルスやエイズウイルスなどの研究もされています。

副作用 基本的にビタミンCなので目立った副作用というものはありませんが、下記の程度は認めます。
点滴施行時の血管痛や嘔気・頭痛・眠気・口渇・尿意、低血糖様症状、尿路結石症、低カルシウム血症、溶血、鉄過剰などがありますが、頻度も1~2%と極わずかで、これらの多くが水分補給や十分な食事などで予防できますし、血管痛は点滴の速度などで軽減、溶血はこの療法の必須項目であるG-6PDを最初に調べていますので、問題ありません。

点滴の実際 通常は基本採血や全身状態の評価をし、患者さんに十分に納得した上で行います。
まずは、Vit-C15g(導入)から開始します。
Vit-C15g-60分 / Vit-C25g-50分 / Vit-C50g-100分 / Vit-C75g-150分 / Vit-C100g-200分 が、大体の目安です。

料金体系(※下記料金に治療効果判定検査料や、一般内臓器検査料等が加わることがあります)
初回採血:¥6.000+税(G-6PD採血)に加え、一般採血があります。

Vit-C15g 6,000円(税別)
Vit-C25g 9,000円(税別)
Vit-C50g 15,000円(税別)
Vit-C75g 19,000円(税別)
Vit-C100g 22,000円(税別)

施行スケジュール(癌治療の基本的治療スケジュール)
当初は週2~3回、75~100g施行で3カ月施行います。(ここで、効果判定します) 効果有りと判断されれば、以降は、
週2回を3カ月、週1回を6カ月(ここで1年)、更に、2週に1回を6カ月、以降は月1回の継続加療。
以上は基本スケジュールで、主として抗ガン作用を期待する方のスケジュールです。コスメティック要因が強い方は、もう少しビタミン量や点滴回数は漸減します。

インターネット受付可能

アミノ酸解析サービス

院長ブログ